· 

POWWOWダンス

日の本全国津々浦々 皆の衆ぅ〜〜

おいっすぅうぅぅぅう〜〜

今日も1日元気に〜

本日のてくさす、気温27℃!曇り

 

昨日夜8時20分の西の空!

こんなに明るいけど、15分もすると真っ暗よ〜

 

昔オクラホマまでPOWWOWダンスのコンテストを見に行った時の写真です〜

コンテスト会場前にはティピ!
キャンピングトレーラー買わなかったらマジで購入を考えてたティピ!

でも、てくさすの気象条件と市の条例上絶対にムリだと諦めた!

 

イーグルの踊りね!

このイーグルの踊りの足の運びステップが載ってる本を日本にいる頃持ってたけど

あの本もう手に入らないんですよね〜どこやっちゃったんだろ?

 

リング踊りね!

このリング踊りを初めて見たのはカリフォルニア州のナッツベリーファーム内の

ネイティブステージで!

 

翁って感じの人も参加!

コンテスト前のグランドエントリーは各部族ごとに太鼓の音も違い

延々1時間以上かかって全員がフィールドに入ってくるんですよ!

これだけでもすごい見応えあります〜

そういえば、ハリウッド映画でよく出てくるインディアンの太鼓の音、

ドンドンドンドン ドンドンドンドン ドンドンドンドン

こんな太鼓の叩き方は全米ネイティブ探してもありえないんだそうですよ!
この太鼓の叩き方の強弱弱弱 強弱弱弱はハリウッド映画の中だけの話で
ジョン・フォード監督だっけ?が考え出したハリウッドインディアンなんですって!

実際のPOWWOWではコンスタントな均一なチカラで叩かれ続け

要所要所でチカラ強い打音が混ざるのが本物なんですよ〜

 

オクラホマインディアンのチェロキー族系にこのダブルのバッセルが多いです〜

会場はチョクトー族がいた場所がそのままチョクトーという

市の名前になってるところでした!

 

とにかく華やかなバッセルが多いけど、手に取ってみると結構作りが雑!w

動きと共にバッセルを華やかに見せるってのが重要視されてるのかな〜

羽根の延長用棒、黄緑オレンジ黄色が色ついてるところ、これほとんどがビニールテープ!

そばで見るとなんだかなぁ〜ですよw

 

でも、衣装がかっこいい〜〜
マジこれ一式欲しいわ〜と調べたら・・・
本人を何度か見かけたりネイティブ本の表紙にもなったことある

チョクトー系インディアンの方、

羽根飾り関係衣装だけで全部で4000ドルくらいだそうでした〜

各羽根飾りの値段を掲載してあった!

それを色違いで何セットか持ってるって!!!

 

番号つけてる人がコンテスト参加者!

グランドエントリー中ずっとこうやって羽根が舞うように踊りまくってるんですよ〜

 

これもグランドエントリーのひとコマ!

太鼓の音、あの太鼓に合わせた雄叫びのような叫び、鈴の音、興奮しますよ〜

 

太鼓と雄叫び、これが1時間も1時間半も部族ごとに続くんですよ〜

 

グランドエントリー会場の真ん中に太鼓軍団!

まずは各部族の翁たちからの入場!

 

子供も参加します〜

こんな小さい頃から踊りが身についちゃってるって!

 

部族によって違うバッセル!

こちらはナバホ系部族のものです〜

彼はこのバッセルのクラフターで、部族内からの制作依頼があると
政府に書類を出すんだそうです〜

そうすると捕獲禁止の白頭鷲を冷凍にして1羽丸ごと送ってくるそうです!

解凍しながら羽を全てもぎ取りこのバッセルに加工し、

肉は調理していただくと言ってました!
部族外には制作はできないそうです!ってことで、

作ってよ依頼を軽くあしらわれてしまった!w

 

彼がそのバッセルクラフターです〜
頭のコヨーテくらいしか真似できないぞ〜ww

 

仕事中、かまって欲しいけど邪魔しちゃ怒られると思ってか

ジワジワと寄ってきながら無言!

この格好から土下座スタイルの前進すると

ちょうど作業場の板の間まで到達する距離感、すばらしい〜w

ブログはインスタではないので本名又は私が誰だかわかる既に承知の
ニックネームでのコメントをよろしくお願いいたします。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    ちかこ (金曜日, 29 4月 2022 09:29)

    おはようございます♪大きなイベントだったんですね。太鼓と雄叫びを何時間も凄いですね〜色合いのいい衣装で踊ると 見栄えいいでしょうー デビさんは見に行かれて日本人だと思われてたんですか�❓ ザエモンちゃん、自衛隊に入れますね匍匐前進上手いからー

  • #2

    David (金曜日, 29 4月 2022 09:36)

    >ちかこさん〜
    全米でこう言う大きなPOWWOWイベントはあちこちで開催されてるんです〜
    この辺ではこのチョクトーが1番大きいかな〜
    衣装が会場で映える色で、それだけでも目をひきますね〜
    この時はどこの部族は聞かれなかったな〜
    今もクソ左衛門は作業台の脇で匍匐前進スタイルで無言の圧をかけてきてます〜

  • #3

    (水曜日, 04 5月 2022 09:12)

    今頃ですが…

    このイベント凄いですね〜さすが、これぞアメリカって感じですね。
    ハリウッド映画ってまぁまぁウソ多いですもんね。

    私も子供の頃見てた映画の影響でインディアン(当時はこれが普通の呼び方と思ってた)て悪者だとおもってたし…

    とんでもない間違いを刷り込まれてました(╯︵╰,)

    それにしても、どれも美しい飾りです!

  • #4

    David (水曜日, 04 5月 2022 09:29)

    >薫さん〜
    こうこういうイベントに出向く余力も残ってないですけど、近くなら行きたいですね〜
    ハリウッド映画、粗が目立ちすぎ〜であまり好きじゃないです〜w
    スピードって映画なんて、バスの最後のクライマックスシーンではスタッフのハゲおやぢが乗降口に隠れてるのが丸映してるし、爆破のリフレクションでカメラマンと監督がモロ映っちゃってるし、ターミネーターでは運河に飛び降りたトラックのガラスが次のシーンで復活しちゃってるし〜インチキすぎて、特にアクション映画はこの20数年は雑すぎ〜
    でも、ダンスウィズウルブスは見応えあって好きだな〜
    この飾り、インテリアで部屋に飾りたいです〜

Facebookは 
こちらから

今までの

ブログは
こちらから