· 

ブリーフケース

日の本全国津々浦々 皆の衆ぅ〜〜

おいっすぅうぅぅぅう〜〜

今日も1日元気に〜

本日のてくさす、気温29℃!晴れ

 

ジャスト日の出の東の空!

今から37年前に制作したブリーフケースです

この頃はエル・ゴメスタイルに凝ってて、日本全体のカービングクラフターも

唐草模様といえばこのエル・ゴメスタイルじゃなかったのかな〜

このエル・ゴメさんの弟子だったクラフターに当時色々特徴を折に触れて教えてもらい、

資料もたくさんいただいたんです〜

下の方のオークリーフはT社でよく見られたスタイルとの合体です〜

この頃はリボン絡ませ大好きで、必ずデザインにリボン入れてましたね〜

このエル・ゴメさん、2007年にフォートワースで実際にお会いしましたよ〜

 

こちらがエル・ゴメさんです〜

日本人で初めてアメリカを拠点にスタジオを持ったアーティスト!

我が大先輩です〜

この2007年の時点では既に拠点を東京に戻したとおっしゃってました〜

 

このブリーフケースは、元々はT社で販売してたテキスト本のケースの作り方の中に

そっくり出てくるものを、インチをセンチに直して制作したものです〜

この取っ手も全て下地のベニヤから手作り!

そうそう、インチとセンチ、昔日本在住の日本語ペラペラハーフのヤツに

どうやってインチとセンチを変換してるのか聞いたら、

インチはインチだしセンチはセンチで、変換する必要ある?と

簡単にあしらわれたけど、移住してその意味がよくわかった!

今ではインチもセンチも型紙作りの時など都合よく混ぜて使用してますよ〜

 

例えば、いつも作る定番のウォレット、型紙の縦はセンチだし横はインチだし、

模様入れる範囲も縦はセンチで横はインチを使ってます〜

また2分割測定や4分割測定などにはインチの方が楽!

 

1985年に作ったのよ〜

まだDavidなんて日本でも呼ばれてない頃〜

この図案もT社販売のアル・ストールマンのフィギュアカービングから拝借ね〜

この頃になんの意図もなかったのにCOMING BACK TO TEXASなんて入れてるしね!

85年といえば、昨日のブログの青春の時だ〜〜

 

蓋を開けると鹿ファミリー〜

この頃にしてはこのフィギュアカービングはかなり出来栄えが良かった!

で、さらにTEXASだけじゃなく、WILLIE NELSONって入れちゃってるのが

これまた何かの縁?かとも思ったのが、2000年ごろに

T社のギャラリー内覧会に招待された時、プライベートでウィリーファミリーも

来てたんですよ〜〜!!!

もう一緒の立ち位置だったり〜w

その上、昔のショップの常連さんだったり、

当時のボスのおじさんとウィリーの親父さんが同じ職場だったとか!

なんの縁なんでしょうね〜〜〜〜この1985年にはまさかてくさすに移住するとも

ウィリーに縁を持つとも思ってもなく作ったものです〜

 

ベニヤの芯以外見えるところは全て革!

今でも寝室に保管してるけど、流石に金具は壊れてしまってます〜

 

蓋裏側の書類入れ、よくもこんな複雑に面倒くさがらず作ったな〜と

我ながら感心〜ww

 

クソ左衛門を探せ!

マジでどこにいるかわからなかったぜ〜〜

ブログはインスタではないので本名又は私が誰だかわかる既に承知の
ニックネームでのコメントをよろしくお願いいたします。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    植杉 和弘 kazuhiro トニー (火曜日, 29 3月 2022 06:29)

    やっぱりテキサスに縁がある運命やったんですよ!いまだに 古い図案も好きです

  • #2

    ちかこ (火曜日, 29 3月 2022 07:16)

    おはようございます♪今日も気温が夏ですね〜 その当時のお気に入り図案ってあるんですね リボン絡ませは今は全然やってないんですかぁ?蓋の中まで柄がついてて盛りだくさんですね。 ザエモンちゃんはどこにいるか 分からないけど 真ん中あたりに肉球みたいなのがありますか?

  • #3

    David (火曜日, 29 3月 2022 08:45)

    >トニーさん〜
    やっぱ必然の運命ってのがあるんだなと自分でもそう思いますよ!
    この時代はカービングはかなりのクラフターはエル・ゴメさんの影響を受けてたと思います〜先駆者ですから〜

  • #4

    David (火曜日, 29 3月 2022 08:48)

    >ちかこさん〜
    そういえば、最近の図案はリボン絡ませ特にやってないですね〜
    蓋の中の鹿ファミリーは、当時としてはかなり出来がいいと自画自賛で、
    カービングしたものの何にしようか考え中にこのブリーフケース制作を思いつき、いっそう中に入れちゃえ〜でインレイしちゃったんですよ〜
    クソ左衛門の肉球というか足は真ん中、さて体はどっちの黒い塊でしょう〜
    写真撮る前に覗いた時に間違えたくらいわからなかった〜

Facebookは 
こちらから

今までの

ブログは
こちらから