· 

臨時ニュース

日の本全国津々浦々 皆の衆ぅ〜〜

おいっすぅうぅぅぅう〜〜

今日も1日元気に〜

本日のてくさす、気温19℃!快晴

 

今朝 日の出20分後の東の空!
太陽が道路正面から昇るようになってきましたよ〜

 

龍の制作途中ではございますが、ここで臨時ニュースをアップします〜ww

迷走FedExに振り回された2週間!
今まで日本からの最短配送時間記録は40時間のFedEx、

通常ならかかっても5日くらいで日本からのFedEx便が届くのに、

3月9日日本発送、翌10日にインディアナポリスに到着、お届け予定14日、

ここまでは通常の流れ!しかし、そこから通関待ちに10日以上!
追跡表示は通関中のまま一向に変化なし!お届け予定日も未定と!
以前にも郵便であったのよね!本局にあることになってるから取り行ったら

データ上はここにあることになってるけど実際の荷物はここには無い!
どこを彷徨ってるか調べようがないと言われたことがあったので、

こっちのFedExカスタマーサービス、日本のカスタマーサービスに何度か電話しても

税関に入っちゃうとFedExも追跡不可能で待つしかない的なことマニュアル通りな言い方!

キレますよ〜〜〜

通関にこんなに時間かかってる原因を教えろ!
捲し立てて 言い訳放棄してんじゃねぇ!!と!

カスタマーサービス、アメリカの大手企業のカスタマーサービスって

1・800番号ね、これって大手企業のカスタマーサービスはこの本土に無いんです!

インドとかイランとかパキスタン、東南アジアに拠点を置き

英語の喋れる現地人採用でマニュアルで賄ってるんですよ〜
だから、最初の自分の名前とCan I help you some today?までは
確かに流暢なんだけど、その先の話になると現地訛りがひどくて、

あのゴロの巻くような独特の舌の発音ね!

一昨日の現地人は少しはマシで、このままな状況ってどういうことかわかってるのか?

って問い詰めたら、FedEx側も通関の停滞をプッシュし始めたところだと言い訳してた!
で、同日 無事に通関、荷物も無くなってたわけじゃなく、お届け予定が昨日、
ところが昨日になって木曜日にお届け予定変更されてて、
まぁ通関したならよしとしてたら、なんてことない昨日の夕方突然届いたよ!
追跡では午後2時までインディアナポリス出発待ちになってたんだけど、
なんだったのかね〜この2週間!!

要するに、何が起因かはさておき、捌ききれないほどの超大量の荷物が

インディアナポリスに集中しちゃったらしい〜
多分税関職員も相変わらずのコロキンビビリで1/3程度しか働いてないんじゃないかね?
東西と北の方は相変わらず日本並みのビビリ州だし〜

郵便の何倍もの料金でFedExスピードを信頼しての荷物なのに、郵便以下のサービス!

無事届いた荷物!

 

で、これが通関で引っかかって長引いてたのかもと疑心暗鬼になってたブツだけど、

通関で引っかかるとHeldが追跡上に表示されるそうで、

それはなかったので、1番に疑ったのが荷物紛失!

それもなく無事に密輸成功〜〜〜〜〜
他の同封荷物もだけど、まずはこれが無事に密輸できたこと!
これを紛失されたり通関で没収されてたら立ち直れないほどの撃沈ものよ!!
中身は?言わない〜〜〜〜

今日は密輸ブツを眺めながら至福のひとときを味わい中〜

 

で、密輸物をバラした残骸〜形状からわかる人にはわかるブツ!
中身付きだとプラスチック爆弾にも見えなくもない〜w
今回は手の込んだことして、それがかえって引っかかったかとも疑ったり〜

しかし、よくもまぁここまで手の込んだ包み方してくれたよな〜感心感謝!
で、開封時に約50数年ぶりにこの油粘土触ったよ!懐かしい〜

昔はもっとグレー色だったよね!
子供の頃の遊びって言ったら、雨の日は掘りこたつの上で粘土遊び!
よく作ったのがホースリールがついてない頃のバキュームカー〜www
それも軒並み回るからあのホースがだらしなくタンクに引っ掛けられて

引きずられてる様子など再現してたな〜ww

それくらいあのバキュームカーってインパクトがあったんだよね〜w

時々こたつの中に粘土落として燃えて臭っ!ってなったっけ〜

 

このリラックスした寝顔!

ブログはインスタではないので本名又は私が誰だかわかる既に承知の
ニックネームでのコメントをよろしくお願いいたします。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    fuggio (金曜日, 25 3月 2022 21:51)

    お疲れ様です
    何はともあれ無事に届いて良かったですね。
    油粘土、自分が小学生の頃は緑色でした。
    手がギトギトになるのと匂いが臭くて図工で粘度のときは嫌いでした〜。

  • #2

    David (金曜日, 25 3月 2022)

    >fuggioさん〜
    ほんと、一時はどうなるかと思ったけど、油粘土の中身が無事に届いて、昨日も今日もニンマリ眺めてるよ〜w
    日本の粘土はどうだか知らんけど、こっちの油粘土ってカラフルに色々な色があって、そもそも油粘土じゃないのかな〜小麦粉から作ったような粘土が小学校の頃は学校指定であったよ〜
    手がギトギトのあの手に粘る感触が懐かしかった〜

Facebookは 
こちらから

今までの

ブログは
こちらから