作業場で履くサンダル

作業場で履くサンダルがすぐ壊れるので

久しぶりに革で自分のものを制作しました〜

どれもサドルの余り革で、いちいち漉くのがめんどくさいので

そのままの厚みで制作開始したら、すごいことになりました〜

 

甲の部分の革は薄めを選びました〜

それでも4ミリ厚です!

 

サンダル部分は6ミリから7ミリ厚の革3枚で構成していきます!

 

甲のXシェイプを縫う準備と外周を縫うための溝を切ってます〜

甲のXシェイプは内側を手縫いする方法の難しさを敢えてやります!
外側縫いだったら誰でもやってるでしょ!!

履き心地から言えば、内側縫いの方が大きな違いが出ます!

 

甲のXシェイプの手縫いは裏まで貫通させず、

1枚目のサンダル本体と縫い合わせ、

外周は3枚からヒール部分で4枚の特厚革を継ぎ目なし1本のナイロン糸で縫います!

 

ひたすら縫ってます!
爪先の部分で貼りあわせ厚み19ミリ、

ヒール部分の貼り合わせ厚み24ミリを菱切りで貫通させて縫ってます!

 

出来上がりサイドビュー!

甲のXシェイプの本体縫い代を外向きにして

外周縫いと一緒に縫うなんてダサいので、

市販サンダル風にちゃんと内側で縫う、難しさもあり履き心地の良さもあり、

見た目の美しさ、これが1番の理由だけど〜〜!

 

ヒール部分の厚み!!!

 

焦げ茶なのはベルトサンダーでエッジを整える時のもの!
敢えて焦がしてます〜!

 

本体の足が入る部分には、元祖アジロ編みで仕上げてます!

 

足も馴染んで今はめっちゃ履き心地よくなって

毎日の作業場では欠かせないサンダルです!

 

Facebookは 
こちらから

今までの

ブログは
こちらから

アクセスカウンター