My Wallet クマの爪インレイ、エンボスクマ

2018年、9年ぶりに自分のウォレットを制作しました!

クマの爪は、インレイの埋め込み部分も入れると

外側ラインで9cmある大物の爪を2つ、

デザインはキャンバスを突き破るイメージで!

その前の2009年に制作した自分のウォレットでは

エンボスクマを裏面に入れたので、今回のはおもて面に!

 

唐草模様なら革に直描きで作業を進めるけど、

先ずはクマの爪のレイアウトとエンボスクマの位置出し!
出来上がりと比べるとわかると思うけど、

エンボスクマの位置はあくまでも目安で

実際にはクマのトレースは別物を使用しました!

 

パネルの枠切りトレースやエンボスクマのトレース前に

爪のインレイを先ずは仕上げます!

爪先のループは床面まで貫通させずに 革の銀面ちょい下を

スライスしてループに仕上げます!

 

爪のインレイが固定でき、クマのエンボスが終わって

初めてパネルの枠切りができます!

エンボスクマなどのトレースと一緒に枠トレースやカットをすることは

結果としてエンボス後に枠を歪ませたりの原因になり工程としては不適切!

エンボス後に大理石に仮固定しながらカービングを終了!

 

このエンボスクマの口の中は完全に切り出さず、牙や前歯と

喉の奥とは繊維でつながってます!
補修程度に硬化革パテを少々入れてますが、

ここを完全に切り出しちゃうと こう言う実際に毎日うしろポケットに入れ

使用するようなアイテムのエンボスには相応しくないです!

ここを完全に切り裂かないことで今現在11年使ってる前のウォレットの

エンボスクマも全く潰れません!

もちろん牙も健在!全然潰れてません!

 

後ろ面にはネームとフットプリントを!

 

染色色つけ終了です!

エンボスクマの牙と爪のハイライト以外は染料で立体効果を出してます!

口の中の赤も染料!

この色効果は両手染め技法でボカシを入れながらの色つけです!

ターコイズ色はヒビの入らないアクリルカラーで、

自分のターコイズの色になるよう調合済みのものです!

 

おもて面の拡大図

クマは喉奥で鼻っ面から6ミリ深くなってます!

 

下から見上げるとこんな感じ〜〜〜

 

クマの爪ループとエンボスクマの立体感!

ネーム革のフットプリントもボカシを入れながら

周りを染めていきます〜

 

内パーツは、

David式クレジットカードポケット、自分用バージョン!

David式ワンピース開閉ストッパー付きスライドマチ!

David式オフセット小銭入れファスナー!

 

出来上がりのエッジは綺麗な赤、

ピッチ2.2ミリの手縫いのおもて面だけ赤!

それはDavid式糸穴締めのおかげです〜

内パーツ側は革がナチュラル色なので糸もナチュラルのまま!

これでもサドルステッチ技法で縫ってます!

 

腰回り一式です〜〜
バングルはプレゼントしちゃったので今は手元にありません〜

 

Facebookは 
こちらから

今までの

ブログは
こちらから

アクセスカウンター