吠えるクマ、さて何になるでしょう〜

以前にも壁掛けで制作した「吠えるクマ」

同じ工程で、でも、使い道が違うので

口の中の切り出し方やエンボス加工も

耐久性重視で やり方を変えてます〜

 

まずはトレース&カービングに続き

全体をエンボス技法でモッコリ膨らませてます〜

 

革パテの第1段を詰めながら

要所要所立体をはっきりさせたいところを

全体から切り離します!

 

切り出してめくれたところを

硬化革パテで補充します〜

この時革の表面にパテが散らばっても

あまり気にしません!

なるべく奥までパテが浸透するように

詰め込んでいきます!

トレースからカービング、エンボス加工に

パテ詰めまでの所要時間はざっくり1時間ちょい!

 

ここからです!

先ほどのパテ処理クリーニング!

これにかかる所要時間は、

このクマのサイズで約30時間、もっとかな〜

集中してできないので何日にも分けてやるので

日数的には1週間から10日かかります!

この作業をいい加減にするとすべての出来栄えに

関わってくる重要な作業です!

この染めてもいない段階で、色こそ違えど

切り出したエッジとパテの継ぎ目は一切感じられません!

これ1番重要!

またパテのざらつきも革の粉を使用してるからと

一切妥協せず許されません!

パテ表面は本物のパテを使い削り出したように

ツルツルの滑らかな表面に仕上げます!

 

口の喉奥でこれくらいの深さ!
上あご裏から喉奥、喉奥から舌への境界線を

革パテのざらつきを一切出さない、

ここが1番時間のかかるところ!
牙も切り出してあるけど、使用目的上

かなり補強が入ってて、牙単体を押しても

全く潰れません!

 

クリーニング後のアップです〜
ここで??っと気づかれたかたはすごい!

こういうところがただ作ればいいのと違うところ!
エンボスして満足しちゃダメ!

もっとも、このクマの元になったイラストは
2次元で描かれたもの、3次元のエンボスでは

 

2次元の写真やイラストをそのまま使ってはダメ!!

ちゃんと3次元図案にデフォルメしないと
ダサい出来上がりになります!!

 

図案上3次元図案にデフォルメしても

往々にして切り開きエンボス加工をした時に

本来の骨格とズレが生じます!

その骨格調整が出来上がりのダサさに左右するので

きれいにクリーニングが終わったエンボスでも

最終出来栄えのためなら大手術をします!
今回のクマ、以前の図案をそのまま使ったこともあり

図案の中でのズレに気づきながらそのまま作業を進めた結果

エンボス後、下あごに大きなズレが生じました!
カービングではそれほどでもなかったけど、

エンボス加工してその誤差とズレが目立ちすぎ!

ってことで、下あごを切り開いて本来の位置に移植手術を!

 

これが移植手術後に改めてパテクリーニングを

終わらせたところですね〜

 

そうしてやっと毛並みを入れていけます〜
この毛並み全体を入れるのにざっくり1時間半!

 

鼻のてっぺんのツルツル感と革の表面との

継ぎ目の処理がかなりに時間を要します!
ここを疎かにすると、ただのパテ詰作品!!

 

牙の裏側の補強、特に上の牙は牙先を押しても潰れません!

口の中もこれだけ3Dになってても必ずどこかが繋がってる

1枚革からの作品です!

 

毛並みを硬化させたあと色つけ開始です〜〜

上あごの前歯に並行する喉奥のパテライン!
こういうところもねじれてるとめっちゃ違和感出ます!
ツルツルの舌のために、この喉奥のパテのツルツルさと

段差の無い舌の喉奥切り出し加工部分、

ここにざらつきとかパテの残りが散在するほど

見苦しい出来上がりはない!

 

あごの部分のパテ盛りもちゃんと毛並み入れてます!

もう1つの最大の時間がかかる加工が

鼻の上面のツルツルさと色ボカシ!

 

頬から鼻っ面につながるパテ盛りの段差も

ちゃんと細かい毛並みをパテに切り込んでます!

毛並み入れるからパテ処理いい加減でも大丈夫

と思ったら、アートはそこで終わりです!

手抜きとみなされます!

 

光と影を表す色使いで仕上げていきます〜

 

口の中と目、鼻の穴、歯、牙、歯茎に

グロスメディウムの濃度を変えて

仕上げ剤にしてます!

 

固定してあった大理石から剥がすと

裏はこんな〜〜〜
パテの色違いは、途中パテが硬化したところで

1度剥がして、鼻など盛り上がりが足りないところを

裏から強制的に押し出し、パテを詰め直して

また大理石に貼って固定したためです!

 

壁掛けアートなら上の写真で終わりなところ、

別な目的で使うので革から完全に切り出しちゃいます!

 

全体の型取りと、必要部分の型取りをして

使う目的のものに移動です〜
そのものとやらは、ただいま制作途中で

作業が長いこと止まったままです〜

いつ出来上がるかな?
てか、こんなモン作る革作家、絶対いないと自負できる!

アートはこうでなくっちゃの典型的なものに

なる予定です〜〜〜

 

Facebookは 
こちらから

今までの

ブログは
こちらから

アクセスカウンター