日本正規販売代理店での販売品 その3

革で制作する羽根シリーズ

 

革で制作する羽根、David式ではよりリアルな羽根に近づけ

薄く制作するも強度を持たせる裏技で1枚1枚の羽根を制作してます。

羽根のエッジはよりゼロ厚に近づけ、エッジで0.5ミリ厚を基準に、
ただ革から切り出すのではなく 羽根軸面よりなだらかな漉きを入れて

制作してます。

 

左右の風切りバネに挟まれたターコイズ入り2枚羽根、

こちらは日本正規販売代理店にて販売中です。

この2枚羽根は下の羽根と上の羽根はそれぞれ切り出した羽根を

合体させてます。

色つけは、David式掟破りの色つけで仕上げてます。

 

その2枚合体の羽根を1枚からできないかということで、

不可能は無いの信条で、1枚の革から2枚合体羽根

ターコイズおもてからインレイをしながら制作していきます。

先ずは5ミリ厚の革にトレースとターコイズおもてからインレイ用の

くりぬき部分をマーク!

このハトメの穴は貫通させません!

深さ約1.5ミリで丸の中を切り取るだけです!

 

先ずは羽根軸のループになるところを必要な厚みに漉きます。

 

ターコイズをおもてからインレイし、

自家開発の自動センタリングツールを使い

ターコイズを定着させたところです。
David式ではターコイズの埋め込みを丸くくり抜いて

裏から当て革で貼り込むなんて誰でもできるような

ダサい埋め込み方法ではなく、インレイの単語に恥じないよう

おもてからの埋め込みを常にしてます!
David式ターコイズおもてからインレイ技法!

 

David式掟破りの色つけでギラギラ感を出し

自作のターコイズ色で羽根軸根元を塗り、

出来上がりです〜

 

羽根の裏面は、羽根を切り出した時点で5ミリ厚の革も

3ミリ程度になっており、羽根のエッジでは0.5ミリまで

薄くしてます。羽根軸を貼り、羽根の根本が折れないような裏技を仕込み

仕上がってます。

 こちらも日本正規販売代理店にて販売中です。

 

David Arts日本正規販売代理店でございます。

オリジナル・レザークラフト
BURN BURN

代表 大石芳博
お問い合わせ番号 090-8942-1394

                  FAX   011-389-6339

 

興味のある方はこちらから是非問い合わせをお願いいたします。

 

他にも随時展示中のアートをこれから紹介していきます〜

 

日本正規販売代理店へのお問い合わせは

こちらのQRコードからでもできます。

 

Facebookは 
こちらから

今までの

ブログは
こちらから

アクセスカウンター