David式唐草模様ダメ出し虎の穴講習会 in Osaka!

 

 

3月12日(土)、13日(日)の2日間

大阪でのDavid式唐草模様ダメ出し虎の穴講習会の模様です。

唐草模様を描こうとするクラフターの90%が陥るダサいライン取りの

修正方法から、David式唐草模様の90%を決定づけるガイド円の

正しい取り方と間違った取り方の説明を

許可をもらったクラフターの図案を参考にダメ出し!

もちろんオフレコの犠牲者クラフター図案プリントで

何がダサいかを参加者に見つけてもらうなど行い、

初日後半は実際に歪な模様範囲の中にガイド円から描いていく実践!

このガイド円が決まったものだけが肉付けを許されるという虎の穴の2日間でした!

 

まずはオフレコのダサい図案プリントを配り

ガイド円と肉付けの何がダサいのかを見つけてもらうところから

実際のガイド円の取り回しの良し悪しなどを

徹底的に説明!

ダメ出しの極致となる虎の穴講習会の始まり〜〜w

 

こんな大きな葉を流れの脇に描いてる有り得ないアウトな図案を参考に、

このガイド円の考察からどうするかを説明中〜!

 

実践の始まり〜〜〜

テキサス州の形の中にまずは無数に可能なサイズのガイド円の配置を

David式唐草模様のルールに則ったガイド円レイアウトができるまで 

肉付け禁止!

 

許可をもらったクラフターのダメ出し図案を張り出し

番号ごとに何がダメかを考察!

これ以外にも数枚のプリントを配布、そのダメな部分を考察するちからを

養うことの手伝いを〜!

ガイド円に関するプリントでは考察力とセンスのなさを改めて説明!

時間に追われて初歩的なガイド円のダメ組み合わせに気づかず

カービング作業を進めた結果の最悪な完成図案が犠牲となりました〜〜〜ww

 

2日目の実践開始〜!

それぞれの今までのクセを取ることがスマートな勢いを感じる

ナイスな図案を描けるようになる早道でも、

ただ描けばいい的でクセをそのまま出てしまったり、

今までの説明はなんだったんでしょう〜

そんなDavid式唐草模様とはまだまだ程遠い図案も見受けられる中

一生懸命自己修正でクセを取りながら描けてた参加者も多く

楽しいひと時でした〜

参加者の真剣そのものの必死な形相がある意味・・・こわっ!ww

 

いい感性で考察力もアップ、ナイスな図案が出来上がりました〜

 

A3用紙の中のテキサス州の形や、A3用紙一杯一杯の枠に

TEXASのロゴを真ん中にいびつに入れた用紙に
勢いのあるガイド円を描き、トレーサーを使ってガイド円の中に花型を写しながら

ちゃっちゃか〜〜と1枚30分、40分での肉付けデモを2回やりました〜

 

アミダくじで3人に参考に描いた図案のプレゼント〜!〜〜
1位には直筆の図案プレゼントね〜〜〜ww

以前注文をもらってたウォレットロープならぬ、ウォレット棒を取りに来た!

つけたら曲がらんわね〜〜〜ww

で、こんなつけ方がいいんじゃね?といじってみた!

 

曲がらないウォレット棒を持ってご満悦の注文主!www

ちなみに、先端の金具は馬具に使う金具!

 

先日納品したケーキ屋さんの看板と今までのアートを展示!

 

初日終わった後はオフレコ話で盛り上がる親睦会!

 

Facebookは 
こちらから

今までの

ブログは
こちらから

アクセスカウンター