毒吐き小噺を一席!

小噺を一席!

最近よく見かけるレザークラフターって・・・

なんであんな能書きばかり多いの〜???

エッジを磨くのにあれしてこれして こんな手間かけてます〜とか
汚らしい日本語で「トゥルントゥルン」とか言っちゃってる!

あぁ、作ったものがそこでしか他のクラフターに勝てる自信がないのかぁ〜?w


ナイロン糸で縫ってるのに・・・アンタ20年先の心配かい?と思うほどに

うちの縫い方は糸が擦り減らないこんな方法で〜とか 

段差をつけると糸が直に擦れないので わざわざ裏加工してます〜とか
そこでしか他と勝負できない 能書き付加価値かい?www

麻糸だって20年以上擦りきれずにもつんですよ〜〜ww


厚さ1センチ以上の縫い合わせに使う縛り縫い方法を

たかがウォレットに用いて得意になってたり〜ねぇ〜〜

だいたい、この縛り縫いは貼り合わせたものどうしに使うのではなく、

サドルの合体など貼り合わせられない離れたパーツを引き寄せて縫うとか

馬や牛の力で引っ張られても縫い目を損傷しない

そういう手段として使うんですよ〜


馬蹄型コインケースはレザークラフトの原点で奥行き深い〜とか

言っちゃってるのを見ると・・・

馬蹄型コインケースなんて型紙もあるしキットも

出てた時代を知ってるので

なんであんなにみなさんのめり込む必要があるのかわからんww

革の厚み計算して同じ数の穴を開けるだけじゃね!ww

それをあれこれ能書きつけてわざわざ難しくブログ書いてる輩に

振り回されてるクラフターもどうかと思いますけどね〜


てか、当時何にも資料がなくても

教えてくれる人がいなくても自分で開発したし

それを改めて今更当時のこと公表もしてないけど〜

ネット時代なのか 能書きはセールス話法と見ればいいのか

安直にノウハウを手に入れられる時代で

その工程を自分が先駆者のごとく得意に語れる そんな時代なのか?ww

で、その手間かけて 20年先何が変わるの?

それよりも最初の半年、1年毎のメンテナンスで

革製品の寿命は大きく左右されますよ〜


今でもやってる手縫い方法だけど、

厚さ⒈5ミリの革にエッジから⒈5ミリのところに

3本縒り麻糸が埋まる深さで溝切って縫ったものを

23年間メンテなしで使い続けても

麻糸は擦りきれず溝切ったエッジはもぎ取れず

革の吟面だけが傷んだだけで ちゃんと使えてましたよ〜

能書き以上の論より23年の経験と証があります〜爆

 

23年間何のメンテもしないで毎日胸のポケットの中で出し入れしながら

使ってたカードケースだけど、上の糸目がほつれたのは・・・

この部分は開閉しやすいように0.5ミリに漉いてあって、

裏革との0.5ミリ2枚の貼り合わせだったため、

溝が切れないところを3本縒りの麻糸で縫ってあったため、

23年間使ってるうちに ついに23年後に擦り切れた!

溝切り麻糸使用でもやり方でこれだけの維持が出来るということ!

今製作されてるそれぞれのクラフターの製品、

23年経ったらこんな能書きも言えるんじゃね?ww


⒈5ミリ厚の革にエッジから⒈5ミリのところに溝を切って

3本縒りの麻糸で縫って23年経ったら・・・

溝切ったエッジはもげるとかのたまわってたクラフターがいたけど

溝切ったってエッジはもげません!!

メンテしてなかったことで吟面がなくなっただけです!

溝切ったらエッジがもげるとか能書き言ってるクラフター〜!〜

嘘ついちゃいけねぇよぉ〜〜〜〜〜wwwww


エッジ磨き、チョチョイのチョイ〜〜で

ピカピカになって毎日使ってる自分のウォレットも

メンテひとつで5年使ってる今もピカピカツルツルですよ〜〜

 

ポケットの1番奥で擦れる糸目も溝切りで埋め込んで何の経年劣化もなし!
段つけ加工縫い? あれはなんの根拠もない体裁ごとね〜〜〜爆爆

麻糸でこうやって縫った糸目も5年たっても何の経年劣化無しなのに

ナイロン糸やシニューになんの擦り切れ能書きがいるね?www


光が当たるとエッジはこんなに輝く!

定期的なメンテが 最初のエッジ磨きに何度となくヤスリ磨きするより

はるかに効果的な証ね〜!ww

ちなみに、いつも製作する革小物のエッジの仕上げは軽くサンダーで磨いて

ヘリ落としして仕上げ材でちゃちゃっと仕上げただけ〜!

これで十分なのよぉ〜〜〜爆


ポケットや金具に擦れるだけに自然とツヤツヤ!

最初から特別な能書きエッジ磨きなんて何もしてなくても

チャチャチャ〜〜〜と磨いて仕上げただけでも5年使っててもこの通り!


上から見たら、ポケットの外に晒されてるだけにツヤは多少落ちても

毛羽立ち一切なし!


30年以上前からの自分でデザインした図案や型紙の資料を入れた

スクラップブック!

当時は誰も教えてくれる人がいなくてもやる気で出来たもんです〜ww



レザークラフターのみなさんFBウォールやブログ、能書き発表多すぎ〜

で、のたまわってる能書きでどうしたいの? 

わざわざ普通のどうってことないことに

その能書きで色つけて付加価値あげたいの?www

しょっぱぁ〜!〜!〜〜〜



Facebookは 
こちらから

今までの

ブログは
こちらから

アクセスカウンター